2022/5/19 09:57

綾瀬はるか、惨敗が影響か「ズルズルと評価を落とす可能性も」

綾瀬はるか

綾瀬はるかが主演するフジテレビ系の月9ドラマ『元彼の遺言状』の第6話が5月16日に放送され、平均世帯視聴率が7.9%を記録。前回の8.6%から0.7ポイントもダウンし、関係者に衝撃が走った。

綾瀬は、長谷川博己の主演映画『はい、泳げません』(6月10日公開)の公開を控えているが、今回の〝ドラマ惨敗〟が映画にも影響するのではないかと、関係者は戦々恐々だ。
「ともに大河の主演をつとめた長谷川と綾瀬の映画初共演作にもかかわらず、配給元の関係で大規模な公開とはならないんです。これまで仕事運が絶好調だった綾瀬ですが、コロナ感染や韓国人俳優との熱愛報道以降、徐々に仕事運も下降気味になっています。映画のプロモーション活動で、肌の露出も増やして奮起しなければ、このままズルズルと評価を落としてしまう恐れもある」(前出・芸能記者)と、週刊実話webが報じた。

綾瀬はるか『元彼の遺言状』視聴率爆死!不安視される“水着映画”への悪影響綾瀬はるか『元彼の遺言状』視聴率爆死!不安視される“水着映画”への悪影響

編集者:いまトピ編集部