2022/5/17 10:51

『インビジブル』とっくに離脱、大失敗か...柴咲コウは自信たっぷり、素人が「むちゃくちゃやん」「どうしようもない」

柴咲コウAmazon

5月13日、俳優・高橋一生の主演ドラマ『インビジブル』(TBS系)の第5話が放送された。視聴率がついにデッドラインを越え、呆れ声が。第1話は世帯平均視聴率9.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)と、TBS金曜ドラマ枠としては好スタートを切った同作。しかし第2話でいきなり7.0%まで急落。第3話は7.2%と持ちこたえたが、第4話でついに6.4%に。そして第5話はさらに下げて5.9%。デッドラインの6%切りを記録したのだった。第1話の視聴率はキャストの力、それ以降は演出・脚本の力と言われ、ネット上では

《一生ファンだから観ているけど、他の人だったらとっくに離脱していた。とにかく脚本も演出もチープ》
《このドラマ…大失敗でしょうね。数字の低下が顕著に物語ってる。番宣で柴咲コウが「オリジナル脚本の魅力をお楽しみください」と自信たっぷりにコメントしてましたね。その脚本がダメダメだからこの視聴率低空飛行なんでしょう》
《脚本も演出もクソだな。海外ドラマ好きの素人が片手間で考えたような内容だし、どうしようもない》
《むちゃくちゃやん設定が…『DCU』がまともに思えてくるくらいむちゃくちゃ》

との声があがっているのだった、とまいじつが報じた。

高橋一生『インビジブル』視聴率ダダ下がり…打ち切りライン越えの責任は - まいじつ高橋一生『インビジブル』視聴率ダダ下がり…打ち切りライン越えの責任は - まいじつ

編集者:いまトピ編集部