2022/4/20 09:21

子どもを預けて朝まで不倫か「2度の不倫疑惑」離婚へ...ママタレ生命は危機を迎え、批判が殺到

NG

タレントの新山千春が11日、20代の一般男性と再婚を視野に真剣交際していることを『スポニチ』(スポーツニッポン)に報じられた。
新山は、2004年12月に西武内野守備・走塁コーチの黒田哲史氏(当時巨人内野手)と結婚。だが2014年12月、夫妻は離婚に至った。当時、新山は自身のブログで離婚の原因を「すれ違い」と説明していたが、結婚生活では2度の“前科”がある。

2009年5月、新山は有名ヘアメイクアーティストとの深夜の“手つなぎデート”を『FRIDAY』(講談社)に報じられた。このとき、黒田氏は遠征中で長女は新山の両親に預けていたという。
2013年11月、夫妻は『FLASH』(光文社)に別居を報じられ、さらに同月、新山にまたしても不倫疑惑が浮上したのだ。
「今度はタレント・清水アキラの三男で元タレント・清水良太郎さんとの不倫疑惑が一部で報じられ、新山の長女を含めた3人でデートをしている現場が目撃されたというのです。真偽は不明ですが、相次ぐ不倫疑惑報道で新山のママタレ生命は危機を迎えました」と芸能ライターはいう。
ネット上では新山に批判が殺到。一部ニュースサイトでは、「新山の“かまってちゃん”気質と、浮気グセが離婚の原因」と報じ、新山の主張する“すれ違い”の線を崩したとリアルライブは報じた。

新山千春、遠征中の合間に子どもを預けて朝まで不倫に明け暮れた?“家族愛”の裏側で2度の不倫疑惑【芸能界“ドロ沼”不倫ファイル】 | リアルライブ新山千春、遠征中の合間に子どもを預けて朝まで不倫に明け暮れた?“家族愛”の裏側で2度の不倫疑惑【芸能界“ドロ沼”不倫ファイル】 | リアルライブ

編集者:いまトピ編集部