2022/1/29 19:03

菅田将暉『月9』ほぼ…「絶縁宣言」あのトラブルが原因か

菅田将暉

菅田将暉主演のフジテレビ系「月9」ドラマ『ミステリと言う勿(なか)れ』の第3話が1月24日に放送され、世帯平均視聴率13.2%を記録。前週の12.7%から、0.5ポイントアップとなった。

ドラマ版『ミステリと言う勿れ』は脚本もほぼ原作通りだという。芸能記者は「フジテレビは、これまでたびたび原作者とのトラブルを起こしています。海上保安官を描いた漫画作品『海猿』(小学館)は2004年に映画第一弾を制作、2005年には連ドラ化され、映画は第4弾まで制作される大ヒットシリーズとなりましたが、2012年に原作者の佐藤秀峰氏がフジテレビに絶縁宣言をしました」といい、「“今後”を考えても原作者とのトラブルは絶対に避けたいでしょう」と話していると日刊サイゾーが報じた。

あのトラブルが原因? 菅田将暉主演『ミスなか』が「基本的に原作に忠実」のワケ|日刊サイゾー あのトラブルが原因? 菅田将暉主演『ミスなか』が「基本的に原作に忠実」のワケ|日刊サイゾー

編集者:いまトピ編集部