2022/1/29 14:11

天才子役・芦田愛菜超えか、大絶賛

感動

「妻、小学生になる。」(TBS系)に出演している子役・毎田暖乃(まいだのの)の演技について1月27日、ニュースサイト「日刊ゲンダイDIGITAL」が“芦田愛菜超え”と報じている。
同記事によると、毎田は20年のNHK連続テレビ小説「おちょやん」で杉咲花が演じたヒロイン・千代の子ども時代を演じたことで一躍有名に。同ドラマ後半では千代の養女・春子役としても再登場し、全く違う演技を見せていたが、今回の「妻、小学生になる。」ではその評価を大きく上回る演技を見せているという。
そこで思い出されるのは2010年のドラマ「Mother」(日本テレビ系)。当時5歳で出演した芦田愛菜の演技は“天才子役”と大絶賛されたことを紹介しつつ、ネットでは「芦田愛菜超え」という声もあるという。
しかし、その記事に対してネット上では《愛菜ちゃんには愛菜ちゃんのよさがあり、暖乃ちゃんにも暖乃ちゃんのよさがある》《芦田愛菜さんと比較する必要はないです。どちらも素晴らしい役者さんだと思います》などの反論もあるとアサジョは報じた。

「妻、小学生になる。」毎田暖乃は天才子役!“芦田愛菜超え”と言われる理由とは? – アサジョ「妻、小学生になる。」毎田暖乃は天才子役!“芦田愛菜超え”と言われる理由とは? – アサジョ

編集者:いまトピ編集部