2022/1/28 06:22

それ今じゃパパ活...ダメになっても当然かな、自慢話にドン引き

田中律子

タレントの田中律子が、1月22日に放送されたBS日テレ『おぎやはぎの愛車遍歴 NO CAR,NO LIFE!』に出演。バブル時代の思い出話に花を咲かせた。

「13歳の時にモデルデビューし、16歳でレコードデビューした田中は、現在50歳。最初の愛車がメルセデスベンツ300TE だったそうです。20歳の誕生日に当時の所属事務所社長からプレゼントされた車で、翌年にはアメ車の巨大なラグジュアリーバン、シボレー・アストロスタークラフトも購入。2台持ちでブイブイいわせていたと明かしていました」(芸能記者)

田中は、「私たちが高校生の時って、みんな男の子たちがベンツ持ったりBM乗ったりポルシェ、フェラーリ。なんでイイ車乗るかっていったら『女にモテるためだよ』みたいな」と話し、有名女子高に通っていた頃には、放課後になると迎えに来た大学生の彼氏が運転する高級車がズラリと並んでいたという。

こうしたバブル時代の思い出話に、ネット民はドン引きだ。

《景気が良かったことも懐かしいけど、女子高生が大人と付き合ってるのも珍しく無かったな、今じゃパパ活とか言われるね、援助交際という言葉も無かった》

《そんなアホ世代が課長部長クラスなんだから、日本の企業がダメになったのも当然かなと》

《もはや都市伝説みたいな話だなぁ。どうなったらそんな状況から今みたいな閉塞感のある時代にできるんだ》と週刊実話は報じた。

田中律子“バブル脳”全開の「過去の愛車自慢」にネット民がドン引き田中律子“バブル脳”全開の「過去の愛車自慢」にネット民がドン引き

編集者:いまトピ編集部