2022/1/26 15:18

絶対忘れませんからね私は!『羽鳥慎一モーニングショー』痛烈批判、生放送中に声を荒らげ…

羽鳥慎一

26日放送の『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)では、岸田文雄首相や政府分科会・尾身茂会長のコロナ対応に関する発言が取り上げられていたが、これについてコメンテーターの玉川徹氏は「国の責任がある人、尾身さんもそうですし、例えば総理を含めて、政治家もそうなんですけど、『この人はこういう風に言ってるんだろう』って、我々が解釈しなければいけないという状況がおかしいんですよ」と話し、若者や高齢者などにどのような行動を取って、どうサポートするか具体的な話をしてほしいと求めた。

また、番組では、3回目の接種状況についても紹介。政府は今月末までに1469万人に打つ目標を立てているが、昨日の公表時点で接種済みは約263万人にとどまっているといい、これは日本の全人口の2.1%で、経済協力開発機構(OCED)加盟国の中で最下位だという。

これについて玉川氏は「(ワクチンについて)これくらいのキャパシティーがあれば大丈夫だろうという風な楽観、そういうような楽観が今、現実によって全て崩されて来ている」と遅れに遅れたコロナ対策について痛烈批判。
さらに「我々は12月からずっと主張してました、(ワクチンが)あるんだったら1月から打ちなさいよ、(ところが政府は)『いや2月で大丈夫です』って言ってた。絶対忘れませんからね私は!」と声を荒らげ、「先進国の中で最低の接種率になっている現実でこれだけ感染が大きくなっている」と嘆いていたという。
 
ネットでは、今回の玉川氏の主張に対して賛成意見もある中、「後出しで批判されても視聴者には響かない」「私は玉川氏が『検査でコロナを封じ込めできる!』と言ったことを忘れません」「それよりも、医師会のやってることを徹底してあぶり出しましょう」といった意見が上がっていたと「リアルライブ」が報じている。

玉川徹氏「絶対忘れませんからね私は!」感染急拡大で岸田首相を批判、コロナ対策の遅れを指摘 | リアルライブ玉川徹氏「絶対忘れませんからね私は!」感染急拡大で岸田首相を批判、コロナ対策の遅れを指摘 | リアルライブ

編集者:いまトピ編集部