2022/1/26 14:12

YouTuber 謝罪、やりすぎ動画に批判殺到「怒りと不快感を感じた」

YouTube

プロバレエダンサーとして海外で活動するユーチューバーのヤマカイが、自身のこれまでの動画について謝罪し、話題になっている。
事の発端となったのは、同じく海外でプロバレエダンサーとして活動しているユーチューバー「ヒューマ」が15日に投稿した、「10代バレエダンサーの真剣な思い」という動画。その中で、ヒューマは「怒りと不快感を感じた」とし、実名は伏せつつも「同じバレエダンサーでユーチューブをしています。チャンネル登録者数は50万人を超え」とヤマカイについて言及。
その上で、「日本にバレエをもっと広めたいと思うから動画配信をしていると毎回言っていますが、中にはバレエを真剣にやっている僕にとって、『やりすぎだろ』と思うものや、強い不快感を感じるものもたくさんあります」と告発。
ヤマカイがこれまでアップしていた動画は「【おっ○い】彼女に揉んでいいか聞いてみたら、まさかの返答が」「【超えちえち】海外のカップルチャレンジが完全にアウト」といった性的な内容を思わせるショート動画。また、全裸状態で、足の角度だけ局部を隠したりするサムネイルも多数。中には、全裸で女性用ブラジャーをつけた状態のものもあった。
批判を受け、ヤマカイはそして、これまでアップしていた動画については「裸が面白いと思ってしまった」と言い、「線引きを間違えてしまった」として謝罪。
さらに、ヤマカイは改めて、「本当にバレエを広めたい」を自身の意思を告白。努力しているバレエダンサーのため、市場をより広げたいという思いを話していた。
また、20日には改めて動画を公開し、ヒューマへの批判的なコメントを控えるよう呼びかけていたヤマカイ。双方のバレエ界を思っての動画に、ネット上からは「方向性は違うけど2人ともバレエが大切なんだろうな」「全員に好かれるのは無理だよね」「バレエ動画とおふざけ系でチャンネル分けたら?」といったさまざまな声が寄せられていたとリアルライブが報じた。

ダンサーYouTuber、性的内容の動画に同業者から批判「やりすぎ」「悪い印象」 謝罪するも賛否 | リアルライブダンサーYouTuber、性的内容の動画に同業者から批判「やりすぎ」「悪い印象」 謝罪するも賛否 | リアルライブ

編集者:いまトピ編集部