2022/1/24 18:57

有吉弘行、もう無理…「松本人志と一緒」「イジリじゃなくてイジメ」嫌われ者に

有吉弘行

〝誰もが感じているが上手く言い表せないこと〟を口にし、お茶の間の共感と支持を集めているピン芸人・有吉弘行。だが一方では、「面白いことを言わない」「芸人らしくない」など、ネット上で根強いアンチも抱えている。そんなアンチの意見が、ここのところ徐々に広がっているという。
火をつけたのは、相方の失脚による同情で高い好感度を誇る『アンジャッシュ』児嶋一哉のツイートだった。有吉は16日放送の『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(JFN)で、児島について「クソみたいなYouTube」「恥ずかしくないの?って思うけど、YouTube見てる人たちは『児嶋もやってんだ。見てみるか』って見てくれてね、いい方向にいってるわけでしょ。だから、何でもいいんだな」とコメント。すると児嶋は同日深夜に、ツイッターへ《有吉クソみたいなYouTubeって言ったの? スタッフと頑張ってやってるんだけど、、何でも言っていいと思ってんのかな?》と苦言を呈した。後にツイートは削除された。
好感度の高い児嶋が疑問を呈したことにより、児嶋への同情、仲が良いゆえとはいえ、一方的にディスった有吉への批判などさまざまな感情が入り混じり、ネット上では有吉が叩かれる流れになっている。2人は30年近い付き合いで、有吉のコメントは仲が良いゆえの馴れ合い的な発言。しかし、そのノリを外に向けて発したことで、真面目な人々から『失礼だ』『ひどい』などと言われてしまっている。実際、ネット上には、
《児嶋の一件からもう無理》
《有吉は毒舌で売ってるけど、たまにただの悪口な場合もある》
《相手が傷ついたら、それはイジリじゃなくてイジメ》
《最近は松本人志と一緒で周囲の忖度と持ち上げがひどくて見てられない》
《コントも芸もしないし、もうずっと駄弁りおじさんやん》
《その毒舌も大物になって保身で切れ味が無くなった》
など有吉への苦言がズラリとあると、まいじつが報じた。

有吉弘行が嫌われ者に!? 世間の流れが一変「もう無理」「ただの悪口」 - まいじつ有吉弘行が嫌われ者に!? 世間の流れが一変「もう無理」「ただの悪口」 - まいじつ

編集者:いまトピ編集部