2022/1/23 09:21

菅田将暉『ミステリと言う勿れ』歴代最高、続編・映画化か

菅田将暉

菅田将暉が主演するフジテレビ系「月9」ドラマ『ミステリと言う勿(なか)れ』が好調だ。視聴率、見逃し配信の再生数、視聴者の満足度などあらゆる面で高水準を記録したことで、早くもシリーズ化や映画化が期待できるではないかとも話題になっているようだ。

第1話の視聴率は、平均世帯視聴率13.6%、個視聴率8.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録。月9ドラマとしては『ナイト・ドクター』『ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート~』といったここ2作の初回を超える数字で、『ミスなか』への視聴者の期待度の高さを感じさせるスタートとなった。

初回の第1話は再生数が約424万回(FOD、TVer、GYAO!、Yahoo!の合計値)に達しており、中でもTVerでの再生数は、これまでに配信された民放全ドラマの初回で歴代最高(350万回)という新記録を打ち立てたという。

今後さらに人気が拡大していきそうな今作は、続編や映画化も期待できるという。

「昨今は各局でテレビドラマの映画化が増加しています。今作は近年の月9ドラマの中でも屈指の支持を得そうですから、1シリーズ限りとするのはもったいない。原作の単行本は現在10巻まで刊行されているのでエピソードは十分ありますし、福山雅治主演の『ガリレオ』シリーズのような展開も期待できる。フジはすでに映画化や続編を視野に入れているはずです」(ドラマウォッチャー)と日刊サイゾーは報じた。

菅田将暉『ミスなか』見逃し再生“歴代最高”で絶好調! 続編・映画化の可能性も?|日刊サイゾー 菅田将暉『ミスなか』見逃し再生“歴代最高”で絶好調! 続編・映画化の可能性も?|日刊サイゾー

編集者:いまトピ編集部