2022/1/22 18:00

『Ado』の気持ちを何も考えず、最悪…「最低な仕事」「失礼」批判の声

AdoAmazon

1月20日、黒木華主演のドラマ『ゴシップ #彼女が知りたい本当の○○』(フジテレビ系)の第3話が放送。
第3話は、現役高校生という以外は何もかもがベールに包まれ、10代から絶大な支持を集めている〝覆面女子高生シンガー〟AOIの正体を主人公の瀬古凛々子(黒木)が探ることに。しかし思いのほかあっさり青野郁(上國料萌衣)という女性だと辿り着き、音楽会社もそれを認めた。不自然に思っていると、AOIが顔出しで歌を披露。正体は誰だ騒動は、レコード会社のただのプロモーションだったと判明した。
しかしここで、青野に口パク疑惑が。凛々子はAOIの正体は別にあると考え、さらに調査。すると、20年前にデビューした一発屋の歌手・MIZAC(濱津隆之)だと判明。このおじさんが加工して声を変え、作詞作曲も自分でしている女子高生シンガーとして世間を騙していたのだ。
現実世界で〝覆面女子高生シンガー〟と聞いて思い出されるのはAdo。この回は、明らかにAdoをモチーフにした脚本だった。だがモチーフにするだけならいいが、正体はおっさん、世間は騙されているといったメッセージ性には批判の声も。ネット上では
《Adoに失礼》
《現代のアイドル歌手を非難しても、さほど辛辣ではない弱い脚本》
《Adoも、もしかするとオジサンかもしれない…》
《Adoさんの気持ちを何も考えずモデルにして最悪の脚本と最低な仕事だな》
《ドラマゴシップ、Adoを揶揄ってるのかなって思った》
《Adoさんも、実は本当はおじさんだったり…と想像してしまう笑 声低いから、本当にあり得そう…》
《AOIのフリをして人生終了したJKはどうでもいい、一切気にしないというすさまじいドラマ》
といった声があがっていると、まいじつが報じた。

Adoに失礼? ドラマ『ゴシップ』に怒り爆発「最悪の脚本だな」 - まいじつAdoに失礼? ドラマ『ゴシップ』に怒り爆発「最悪の脚本だな」 - まいじつ

編集者:いまトピ編集部