2022/1/21 18:59

『おねがいマイメロディ』『逃亡医F』『ミステリと言う勿れ』どう扱っても荒れる問題に「めんどくさ過ぎる」

菅田将暉

「女の敵は、いつだって女なのよ」などと書かれた『おねがいマイメロディ』のグッズが炎上し、発売中止に追い込まれるなど、世界的にジェンダー描写が面倒臭くなってきている昨今。現在放送中のドラマでもそのような話題が取り扱われている。

成田亮主演のドラマ『逃亡医F』(日本テレビ系)に登場する海洋観測船の乗員・沢井美香子(森七菜)。船員に「今日から波、高いらしいから気を付けて」と声を掛けられても、「それって私が女だから心配してるんですか?」と突っ掛かる。さらに、力仕事ではなくて事務作業を頼まれた際にも、「何で私がやるんですか? 女だからですか?」と反論。これに先輩から「性別は関係ない。お前が1番腕力がないからだ」と諭されていた。

菅田将暉主演のドラマ『ミステリと言う勿れ』(フジテレビ系)では、新人刑事・風呂光聖子(伊藤沙莉)が同様の悩みを抱えている。先輩刑事から「お前、何で自分が現場に連れてってもらえないか分かるか?」と聞かれた時に、「女だからですか?」と返答。しかしその後、性別の問題ではなく、自分が本気で事件に向き合っていないことが原因だとわかった。

この流れは、ネット上で
《女だからですか、連発はめんどくさ過ぎる》
《なんか今期のドラマ「女だから舐めてるんですか?」セリフ多くない?》
など物議を醸している。
どう扱っても荒れるこの問題。いつか正解は出るのだろうかと、まいじつが報じています。

ドラマでもジェンダー問題…“女だからですか?”台詞頻発に「めんどくさい」 - まいじつドラマでもジェンダー問題…“女だからですか?”台詞頻発に「めんどくさい」 - まいじつ

編集者:いまトピ編集部