2022/1/18 13:26

『めざましテレビ』でも大失態『コンフィデンスマンJP』いよいよ降板か

東出昌大Amazon

17日放送の『めざましテレビ』(フジテレビ系)で、14日に公開された映画『コンフィデンスマンJP英雄編』の出演者インタビューが放送された。
インタビューの中で、寅年にちなみ「トラれたら困るもの」と質問された東出昌大は、「堤防で一人で釣りをしてて、全然釣れない日にアジ1匹とかだけ釣れて、横のバケツに入れておくんですよ。堤防によく猫が来るんですけど、その1匹を持っていかれたときは悔しいですね」と回答。共演の小日向文世から「(エピソードが)弱いなー」とツッコまれ、苦笑する一幕があったという。
これに芸能記者は
「同局系のドラマの劇場版ですから、質問した側も気をつけていたはずですが、よくよく考えたら、この質問はマズかった。唐田えりかと不倫した東出の元妻・杏からすれば、3人の子どもの父親である東出本人が〝トラれたら困るもの〟だったからです。しかも、東出が語ったエピソードは〝泥棒猫〟に関する話。あとからジワジワくるインタビューでした」
と話す。
しかも、同じ質問に対する小日向の答えは「女房」だったといい、このとき東出はバツの悪そうな表情を番組のキャラクター・めざましくんのぬいぐるみで覆い隠していたとのこと。
そんな東出には、同作の〝降板説〟も。
東出は、杏との離婚直後から子どもたちの「養育費」を満足に支払えていないと報じられ、昨年10月には撮影現場に20代のハーフ美女を連れ込んでいたことが『週刊文春』にスクープされた。
「不倫発覚後、仕事がなくなったため、養育費が支払えないのは同情の余地がありますが、その状況で新しい恋人を作ったのは致命的でした。コンフィデンスマンの製作陣もあきれ返っていたはずです。東出は、1月いっぱいで事務所をクビになるとも報じられていますから、いよいよ降板説も現実味を帯びてきましたね」(情報番組のスタッフ)
とのこと。「週刊実話WEB」が報じている。

東出昌大が“泥棒猫エピソード”披露!?『コンフィデンスマンJP』のPRで大失態東出昌大が“泥棒猫エピソード”披露!?『コンフィデンスマンJP』のPRで大失態

編集者:いまトピ編集部