2022/1/13 20:11

「休場させてください」キャリア崩壊か...相当悪そう、もはや限界?

怒り

12日に日本相撲協会に「右足関節靱帯(じんたい)損傷で約2週間の治療期間を要する見込み」との診断書を提出し、同日の1月場所4日目から休場となった大関・貴景勝12日朝になり貴景勝から「やっぱり相撲を取れない。休場させてください」と申し出を受けたため休場に至ったという。

「自分から休むって願い出たということは相当状態悪そうだな」
「来場所はカド番になるけど回復は間に合うんだろうか」
「また下半身痛めたのか…もうここまでくると押し相撲だけというのは難しいんじゃないか」
「そろそろ取り口を見つめ直さないと、キャリアが崩壊しかねない事態になるのでは」

との声まで上がっている、とデイリーニュースオンラインが報じた。

(0ページ目)大関・貴景勝、右足首故障・休場に「キャリアが崩壊しかねない」心配の声 押し相撲一本はもはや限界? - デイリーニュースオンライン(0ページ目)大関・貴景勝、右足首故障・休場に「キャリアが崩壊しかねない」心配の声 押し相撲一本はもはや限界? - デイリーニュースオンライン

編集者:いまトピ編集部