2022/1/12 10:04

あまりにもおふざけが過ぎる『鎌倉殿の13人』三谷幸喜脚本に賛否「1話見て離脱を決意しました」

鎌倉殿の13人Amazon

1月9日に放送されたNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』初回の平均視聴率は、世帯で17.3%、個人で10.6%(関東地区・ビデオリサーチ調べ)だった。吉沢亮が主演した前作『青天を衝け』の初回は、それぞれ20.0%、12.5%で、それを下回るスタートとなった。

「三谷幸喜さんの脚本とあって『平家をぶっ潰すぜ!』『首チョンパ』『ぞっこん』といった現代風のセリフにツッコミが殺到。ツイッターでは一時、『首チョンパ』がトレンド入りするなど、大きな注目を集めました。大泉洋さんが〝お姫さまメーク〟で登場するなど、コントのようなシーンもあり、大河としては異色の作風が、2回目以降の視聴率にどう反映されるか、見ものです」(民放の情報番組スタッフ)

評価がある一方、大河にはそぐわないという意見も。
《嫌な予感がしたけど、やっぱり三谷ワールド全開だったな。この人の脚本は外れるとめちゃグタグタになるから、今後の展開が心配》
《うーん、舞台ならありだけど、大河でこの演出はどうなんだろう。少々やり過ぎじゃないだろうか》
《すいません、1話見て離脱を決意しました。あまりにもおふざけが過ぎる》
《頼朝が逃げるシーンでドヴォルザークって安易すぎ。そもそも三谷幸喜の今さら感w》

もともと中世時代を扱った大河ドラマは視聴率も低迷することが多い。『新撰組!』同様、初回の視聴率が「最高視聴率」にならなければいいのだが…。と週刊実話は報じた。

『鎌倉殿の13人』三谷幸喜脚本に賛否両論「あまりにもおふざけが過ぎる」『鎌倉殿の13人』三谷幸喜脚本に賛否両論「あまりにもおふざけが過ぎる」

編集者:いまトピ編集部