2022/1/11 13:57

『ジョブチューン』炎上で「超有名友人」が週刊誌記者を晒す事態に「アウト」「やりすぎ」「記者イジメ楽しんでない?」

炎上

『ジョブチューン』(TBS系)の炎上を巡り、メンタリストDaiGoが、取材を行っている記者を自身の配信で紹介し、電話を掛けるよう呼びかける場面があった。
1日放送の『ジョブチューン元日SP』では、大手コンビニ3社の人気商品を有名シェフが審査員となって審査するコーナーが放送されたが、審査員の1人がツナマヨのおにぎりを見た目で判断して試食を拒否したことが話題になり、炎上。
放送後、DaiGoは配信の中で炎上したシェフと友人であることを告白し、一連の言動について「台本があるはず」と指摘。
そんな中、DaiGoは6日に「【炎上覚悟】TVに忖度する週刊誌の記者を晒します。」という配信を行い、炎上にかこつけ、シェフ本人や周辺を取材しようとしている記者がいることを告白。DaiGoは出版社名と雑誌名、記者名を出した上で、「こいつがどうやらシェフのところに突撃してるっぽいんですよね~」「張り込んだりとかして、家族まで狙って、写真撮ったりとかなんか文章を書こうとしてる」と明かした。
また、この記者がツイッターのリプライ上で取材のため、取材対象者に対して自身の電話番号を晒していることを暴露し、「電話したらまじで繋がりますよ。聞いてみてください、なぜシェフに突撃するのか」「聞いた方がいいですよ、みなさん、こういうのは。こういうのは本人に聞いた方がいいです。会社の方針とかじゃなくて、個人に聞くべきです」と呼びかけ。
この行動にネット上からは「電話しろって呼びかけはやりすぎ」「なんで記者に攻撃向けるの?」「シェフを守るのはいいけど、誰かを攻撃しないでください」「電話しろはアウト」「記者イジメ楽しんでない?」という疑問の声が集まることになっていたと「リアルライブ」が報じている。

DaiGo、週刊誌記者を晒し「電話したら繋がります」と呼び掛け?「イジメ」「やりすぎ」批判の声も | リアルライブDaiGo、週刊誌記者を晒し「電話したら繋がります」と呼び掛け?「イジメ」「やりすぎ」批判の声も | リアルライブ

編集者:いまトピ編集部