2022/1/5 07:04

引退勧告「もうどこも使ってくれないぞ」画像流出...「正直者が馬鹿を見るのか」炎上中

格闘技

格闘技イベント『RIZIN.33』...ガチンコのはずの試合にもかかわらず、“八百長疑惑”が浮上し、思わぬ場外乱闘に発展しているのが、シバターと元K-1王者・久保優太の一戦だ。
「シバターが1ラウンド目で圧勝する形に終わったが、その後、久保がTwitterで『嘘をつく人生は嫌だな。正直者が馬鹿を見るのか』などと意味深な投稿を書き込んだ。そして、久保の妻の兄と思われる人物が、シバターが久保に八百長を持ちかけ、1ラウンド目は手加減をし、2ラウンド目で本気で戦おうと提案しているLINEのやりとりと見られるスクリーンショット画像をSNS上に流出させ騒動に。
その後YouTubeに謝罪動画を上げた久保は、“台本”の存在を認め、この八百長に乗ったところ『シバターさんの陽動作戦』だったと説明。
一方のシバターは、『一切の八百長はしておりません』などと当初は完全否定していたが、その後別の動画では“騙し討ち”したことを認めながら、『台本があったことをお前が発信したら、K-1チャンピオンであるお前がその台本を飲んだってことを認めることになるんだぞ。これからどうするんだ、一度台本を飲んだ格闘家、もうどこの団体も使ってくれないぞ』などと述べ、『俺もお前も、格闘技からは足を洗おう』と久保に引退勧告。場外乱闘でもシバターのペースになっています」とスポーツ紙記者は話したと日刊サイゾーは報じた。

『RIZIN』、スター候補誕生も…“八百長”疑惑の場外乱闘で炎上|日刊サイゾー 『RIZIN』、スター候補誕生も…“八百長”疑惑の場外乱闘で炎上|日刊サイゾー

編集者:いまトピ編集部