2021/12/6 17:46

『徹子の部屋』幼い頃に父親が失踪していた

黒柳徹子

6日放送の「徹子の部屋」(テレビ朝日系)に、今年で75歳になる藤岡弘、がゲスト出演し、幼い頃に父親が失踪した事実を告白した。
愛媛県の警察官で武道家でもあったという藤岡の父親。
厳格な性格をしていたというが、藤岡は「父が出奔して…」と父親が失踪していたことを明かし、
「戦中、戦前、戦後と色々あったと思うんですけど。私には計り知れないことがあったと思うんですけど。母がその後、大変苦労をしていましてね」「母は何か察していたような気もしますけど、僕はちょっと許せないような気持ちもありましてね」と父親を憎むようになったと語った。
しかし「お父様への今のお気持ちはどうなんですか?」と黒柳徹子から尋ねられた藤岡さんは「僕は今は…」と難しい表情に。
「実は最後に父から僕のところに電話がかかってきたんですよ」「ちょうど俳優修業している時ですが、父から電話が突然入って」と失踪後に電話があったことを明かし「その時に父と初めて話ができたんですが、私は許すことができなくて『会いたい』という話だったんですが、『渡したいものがある』と。『いづれ父さんのことがわかる日がくる』と。でも私は許せないという気持ちがあったんで拒否したんです」という会話があったという。
しかし、それから数か月後に父は他界してしまい「それが今自分の中では非常に悔やんでおります。やっぱ会っておくべきだったと」「非常に申し訳ない気持ちです」と、現在は後悔していると沈痛な面持ちで語っていたと「Quick Timez」が報じている。

藤岡弘、父親が失踪していた事実を明かす「許せないという気持ちがあった」藤岡弘、父親が失踪していた事実を明かす「許せないという気持ちがあった」

編集者:いまトピ編集部