2021/12/6 14:06

『羽鳥慎一モーニングショー』圧倒されながら黙る玉川徹…「玉川の負け」

女性

6日放送の『羽鳥慎一モーニングショー』では、新型コロナの飲み薬が承認申請される見通しであることを紹介。
メルクが開発している「モルヌピラビル」は、入院・死亡のリスクが30%減ると言われている。
だが、これにコメンテーターの玉川徹氏は「30%というのが微妙」と主張。
その上で、「すでに認可されている抗体の薬があって、ソトロビマブという薬ですが、入院阻止率が80%なんですよね。これはオミクロンにも効果があると。いわゆる試験管的なテストではそういう形になっているので多分、そうであれば効くんじゃないかと僕は思っているんです」と優位性を訴えた。
続けて、「80%の抗体薬と、30%の飲み薬があって、どちらも(摂取する)対象が(入院・死亡)リスクが高い人といった時、『あなたは30%を使ってください』という話になるのかな」と疑問視。
そして、「感染爆発して第5波の時のようにベッドがありません、家にいてもらうしかありませんという時にはこれを使うのかなと。最終的にはファイザーとか塩野義が作っている薬に変わるんだろうなと。だから、ある種申し訳ないけど、このメルクの薬は“つなぎ”かなという感じは若干してますけどね」と推論を展開。
これに医師で日本医科大学特任教授の北村義浩氏は「そんなことはないと思います!」と、1分間に渡って、つなぎ論を否定。その間、玉川氏は圧倒されながら黙って聞いていたという。
北村氏にバッサリ論破された玉川氏に、SNS上では「玉ちゃん思いっきり否定されとる」「玉川の負け」といつた声が上がっていたと「リアルライブ」が報じている。

玉川徹氏の持論に医師がピシャリ「そんなことはない」 メルクのコロナ薬を「つなぎかな」発言で物議 | リアルライブ玉川徹氏の持論に医師がピシャリ「そんなことはない」 メルクのコロナ薬を「つなぎかな」発言で物議 | リアルライブ

編集者:いまトピ編集部