2021/12/5 19:45

番組変えちゃう…『FNS歌謡祭』辛辣な声「お茶の間が微妙な空気に」批判、King Gnuも

モーニング

近頃、音楽番組で〝アニソン〟に力を入れるケースが増えてきた。12月1日放送の『2021 FNS歌謡祭 第1夜』(フジテレビ系)もその傾向にあったが、賛否の声が寄せられている。

TVアニメ『ウマ娘 プリティーダービー Season 2』のOP主題歌『ユメヲカケル!』や、LiSAによるテレビ版『鬼滅の刃 無限列車編』のOPテーマソング『明け星』など、多くのアニソンが登場した。

ネット上で、
《おい、ウマ娘がFNS歌謡祭でてるらしいぞ(アニソンがテレビから流れたら番組変えちゃう)》
《お茶の間が微妙な空気になる》
《アニソンは入れてほしくないね。雰囲気に合わなさすぎる》
《アニメ枠でかなりキツいのが出てくるの、放送部で校内にアニソン流して空気冷やすのが面白いと思ってる痛めのオタクが、そのまま成長せずに出世した感ある》
などと辛辣な声もあるという。

芸能ライターは「アニソンに対して批判的な声が見受けられましたが、大きな括りにすれば同番組に出演していたロックバンド『King Gnu』もアニソン歌手。この日の番組で彼らは、『劇場版 呪術廻戦0』の主題歌『一途』を披露していました。しかし、『一途』をアニソンだと糾弾する人は見受けられません。アニソンを批判している人は、『ユメヲカケル!』のような声優が歌唱している、オタクノリの楽曲が受けつけないのかもしれませんね」と話しているとまいじつが報じた。

『FNS歌謡祭』でアニソンはあり?「微妙な空気になる」「つい見ちゃう」と賛否 - まいじつ『FNS歌謡祭』でアニソンはあり?「微妙な空気になる」「つい見ちゃう」と賛否 - まいじつ

編集者:いまトピ編集部