2021/12/4 20:18

お茶の間が凍りついた『レコード大賞』吉岡里帆が…「せっかくメンバー全員が揃ったのに」非難の嵐

吉岡里帆

年末の風物詩といえば「NHK紅白歌合戦」と「日本レコード大賞」だ。ところが、栄えある大舞台のはずなのに、生放送ならではのハプニングが起きることもある。
20年のレコード大賞ではNiziUがデビュー曲などを披露する場面で、ありえない異変が起きた。
この日、主要メンバーのミイヒが休養を終えて、久しぶりにメディアに登場するのが目玉のひとつだった。歌っているときにメンバーの顔が順にアップになっていくのだが、よりによってミイヒのところで、司会の吉岡里帆の縄跳びダンスがアップになった。
「せっかくメンバー全員が揃ったのに」と非難の嵐だったと、アサ芸ビズが報じた。

NiziUの見せ場に吉岡里帆が!「紅白&レコ大」お茶の間が凍りついた衝撃事件  |  Asagei Biz-アサ芸ビズNiziUの見せ場に吉岡里帆が!「紅白&レコ大」お茶の間が凍りついた衝撃事件 | Asagei Biz-アサ芸ビズ

編集者:いまトピ編集部
写真:タレントデータバンク
(吉岡里帆|女性|1993/01/15生まれ|京都府出身)