2021/12/2 13:27

『めざまし8』話を振られ猛反発、猛批判!下手すぎ

フジテレビ

2日放送の『めざまし8』(フジテレビ系)では、国土交通省が1日に航空各社に要請した日本に到着する全ての国際線での新たな予約の停止について取り上げた。
この要請では、海外にいる日本人の帰国も困難となるが、話を振られた元大阪府知事、元大阪市長の橋下徹氏は「法的には完全に憲法違反ですよ」と猛反発。「外国人を水際で止めると言うのは、これはもう仕方がないと思います。感染拡大を遅らせる、医療体制を強化する、ワクチンの効果を計測するためには当然なんですが」と外国人の新規入国の原則停止には一定の理解を示したが、「日本国民を入国拒否するっていうのは絶対あってはならないですよ」と苦言を呈した。
橋下氏は現状を映画『タイタニック』で船が沈み始めるシーンに例え、「みんな逃げるために船底にいた人たちを上に上がらないように扉を閉めちゃうわけですよ。で、逃げる人だけが逃げられるように」「われわれ、日本国内の安全を守るために、外にいる同胞をですよ? 入国拒否するなんてのは完全に憲法違反」と猛批判し、入国を認めた上で隔離措置すべきとした。
この橋下氏の発言に、ネット上からは賛同の声が集まる一方で、「タイタニックとは全然違う」「別に日本に入ったから助かるわけでも海外にいるから死ぬわけでもないのに」「帰国中の飛行機内での感染もあるわけだし」「そうやって憲法だけでコロナが収まればいいね」「タイタニックの例え下手すぎ」というツッコミが集まっていたという。
なお、番組放送後、要請は取りやめになっていたと「リアルライブ」が報じている。

橋下徹氏、国際線予約停止要請に「完全に憲法違反」と苦言 『タイタニック』に例え疑問の声も | リアルライブ橋下徹氏、国際線予約停止要請に「完全に憲法違反」と苦言 『タイタニック』に例え疑問の声も | リアルライブ

編集者:いまトピ編集部