2021/12/1 18:24

『相棒』クビか、「今後、俳優人生は厳しい」と…

反町隆史

俳優の反町隆史に〝見納め〟説が囁かれている。現在、反町はテレビ朝日の人気ドラマ『相棒』に相棒役で出演中だが、今作(season20)を持って降板決定が発表されたばかりだ。

もともとはジャニーズJr.として活動していた反町。何らかの事情がありモデルを経て俳優に転身。1998年にドラマ『GTO』(フジテレビ系)でヤンキー教師を演じ、これが大ヒット。その後、同ドラマで共演した松嶋菜々子と結婚し、2人とも人気絶頂だったことから〝超ビッグカップル〟と騒がれた。

芸能ライターは「2人の子供をもうけましたが、私生活では暮らしていたマンション内で飼育を禁止されている大型犬種のドーベルマンを飼い、住人にケガを負わせてしまうなど訴訟問題に発展。高額の賠償を命じられ、その人間性が問題となりました。水谷に声を掛けられるまでは、それもあって〝ダーティー俳優〟のイメージ。結局、視聴者ウケはせず、反町が出るようになって視聴率は下降気味。水谷がボーダーラインとしていた平均視聴率15%も、season18で全話平均14.8%とすでに割れています。実際には、水谷がクビを切ったといいますから、今後、反町の俳優人生は厳しいでしょうね」と話していると週刊実話Webが報じた。

反町隆史『相棒』降板で視聴率急上昇! ウワサされる“俳優見納め”説反町隆史『相棒』降板で視聴率急上昇! ウワサされる“俳優見納め”説

編集者:いまトピ編集部