2021/11/30 18:36

オファーに大ブーイング「2人揃って女癖悪い印象しかない」複数の女性と…

コブクロ

コブクロが11月28日、大阪万博の機運を盛り上げる「中之島ウィンターパーティー~Road to EXPO 2025~」に参加。コブクロについてはすでに、日本国際博覧会などが25年開催される大阪・関西万博のテーマソングを依頼する方向で調整に入ったことが報じられていた。昨年2月に「2025日本国際アンバサダー」に就任し、その流れでテーマソングも担当することになったようだが、やはりこれには大ブーイングが巻き起こっている。

エンタメ誌ライターは「黒田は5月、『週刊文春』により、不貞疑惑とその相手の自死未遂が報じられ、事務所を通じ謝罪に追い込まれたばかり。一方の小渕のほうも16年に複数の女性との不貞を報じられ、当時は大きな騒動にはならなかったものの、黒田の疑惑記事が出たことで蒸し返されることとなりました。そのためネット上では《なぜコブクロ?大阪に縁のあるアーティストなんて他にもいっぱいいるだろうに》《あの不貞報道でコブクロは聴かなくなった。もう2人揃って女癖悪い印象しかないのに、万博のテーマソングって…》といった大反対の声や、さらには《もう愛だの恋だの歌っているより、不貞のリアルを歌詞にしたほうが受け入れられるのでは?》といったヤユの声まで出ていますね」と話しているとアサ芸プラスが報じた。

コブクロ、「大阪万博」テーマ曲オファーにやっぱり巻き起こった“大ブーイング” | アサ芸プラスコブクロ、「大阪万博」テーマ曲オファーにやっぱり巻き起こった“大ブーイング” | アサ芸プラス

編集者:いまトピ編集部