2021/11/30 18:00

露出が減り、「消えた」と言われて10年…消えた芸人「減ったのはテレビでの露出だけ」全盛期超えか

パペットマペット

00年代前半、可愛らしい人形を用いた漫才形式のネタで、子どもを中心に大人気を博した芸人・パペットマペット。多くのネタ番組・バラエティーで活躍し、『エンタの神様』(日本テレビ系)初期を支える看板出演者の役割も果たした。徐々に露出は減っていき、00年代後半には〝消えた芸人〟と呼ばれるようになってしまった。「消えた」と言われて10年以上が経過した今、活動状況はさぞ悲惨なことだろう…と思いきや、意外にも〝勝ち組〟と言っていいほど近況は順調だという。

2年前に開設したYouTubeチャンネルは、万単位での再生がコンスタントに記録されるほど安定した人気を誇っている。ツイッターにアップするゲーム画面の切り抜き画像も、数百のリツイート、数千の〝いいね〟がアベレージ。今や、ゲーム実況タレントの中でも人気の部類に入るほどのファンを抱えている。

芸能記者は「結局、減ったのはテレビでの露出だけで、ネットでは今なお人気者ということです。理由はいくつかあるでしょうが、おもしろ画像がウケやすいネットの土壌と、人形を使ったネタとの相性が良かったことが一番でしょうね。ゲーム実況というジャンルもネットの人気コンテンツですから、こうしたところに狙いをつけ、見事にネットで生きる道を確立したと言えるでしょう」と話しているとまいじつが報じた。

消えた芸人『パペットマペット』が勝ち組に! 意外な仕事で“全盛期”超えも… - まいじつ消えた芸人『パペットマペット』が勝ち組に! 意外な仕事で“全盛期”超えも… - まいじつ

編集者:いまトピ編集部