2021/11/24 08:30

ギャラは年間で約1億92000万円...打ち切りか

お金

「やはり、『スッキリ』(日本テレビ系)の存続が危ういようです。終了の時期は来春ではなく、2022年10月の改編で、と見られていますよ」と話すのは制作会社関係者。
『スッキリ』といえば、極楽とんぼの加藤浩次(52)をMCに迎えて2006年4月にスタートした今年16年目に突入した日本テレビの朝の人気情報番組だ。一方で、これまでもさまざまな問題が指摘され、そのたびに“打ち切り説”が浮かんでは消えてきた番組でもある。
「『スッキリ』は今年で16年目。ここにきての勢いの低下もあり、“これ以上やる意味がない”と判断されてもおかしくない時期です。そして、いまだにアイヌ民族に対する不適切な表現が問題視されていますよね」「加藤さんのギャラもネックになっていると言われています。視聴率三冠王の常連で、民放で最も強い局と言われる日テレであっても、経費削減の波に抗うことはできませんからね」
などと同関係者は話す。
加藤の『スッキリ』のギャラは1本70~80万円だとも報じられている。80万円だとすれば、年間では約1億92000万円ということになると日刊大衆は報じた。

日テレ・加藤浩次『スッキリ』2022年9月に「打ち切り」!?後任に藤井貴彦アナ新番組が「超濃厚」な8つの理由 | 概要 | 日刊大衆 | 芸能 | ニュース日テレ・加藤浩次『スッキリ』2022年9月に「打ち切り」!?後任に藤井貴彦アナ新番組が「超濃厚」な8つの理由 | 概要 | 日刊大衆 | 芸能 | ニュース

編集者:いまトピ編集部