2021/11/24 08:14

『温泉むすめ』炎上、設定が普通に気持ち悪かった「想像以上にヤバい」

温泉

日本全国の温泉をモチーフにしたキャラクター『温泉むすめ』の炎上が、さらなる波紋を広げている。
温泉むすめは2016年にスタートした温泉地の地域活性化のためのプロジェクトで、19年からは観光庁の後援を受けている。日本全国の温泉に宿る〝下級の神さま「温泉むすめ」〟がアイドルとして競い合うという設定で、公式サイトでは各地のキャラクターがイラストと共に紹介されている。
これに社会活動家の仁藤夢乃氏が苦言を呈した。仁藤氏は15日、自身のツイッターを更新。《出張先で『温泉むすめ』のパネルを見て、なんでこんなものを置いているのと思って調べたらひどい。スカートめくりキャラ、夜這いを期待、肉感がありセクシー、ワインを飲む中学生、『癒しの看護』キャラ、セクシーな『大人の女性』に憧れる中学生など。性差別で性搾取》とツイートし、怒りをあらわにした。
ネット上では
《キャラクターのルックスや肌の露出度が問題なら言い掛かりだと思うけど、このプロフィールは確かにちょっと何だかなぁ…。適切に状況判断しろよとは思う》
《ツイッターでツイフェミがいちゃもんつけてるからまたかと思ったけど、キャラ設定が想像以上にヤバかった…》
《またクレーマーかと思ったら設定が普通に気持ち悪かった。自治体や省庁は好きだよね》
などと、さまざまな意見が寄せられているとまいじつは報じた。

『温泉むすめ』騒動が飛び火! フェミvsオタクが激化の一途… - まいじつ『温泉むすめ』騒動が飛び火! フェミvsオタクが激化の一途… - まいじつ

編集者:いまトピ編集部