2021/11/23 15:15

まだ沈まんのかい『日本沈没』無理がすぎる、マジでいらない展開に「こんなことしてる場合?」疑問の声が圧倒する事態に

はてな

日曜劇場『日本沈没―希望のひと―』(TBS系)の第6話が21日に放送され、平均視聴率が15.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)だったことが各社で報じられている。第5話の16.9%からは1.1ポイントのダウンとなった。第6話は、日本未来推進会議に天海(小栗旬)が戻って来た。首都東京の復興に向けて、取り組む決意を誓い合う。そんな中、天海は田所博士(香川照之)に呼ばれる。そこで伝えられたのは日本沈没、という事実で――というストーリーが描かれた。第6話が終わっても、いまだ列島が沈まない『日本沈没』。ストーリーのペースが遅すぎる上に、無理矢理の恋愛要素が組み込まれていることも不評の原因となっているようだとリアルライブは報じています。

『日本沈没』の展開に「有事の時に…」「こんなことしてる場合?」無理のある恋愛要素に大ブーイング | リアルライブ『日本沈没』の展開に「有事の時に…」「こんなことしてる場合?」無理のある恋愛要素に大ブーイング | リアルライブ

編集者:いまトピ編集部