2021/11/22 20:14

片瀬那奈、転身…「意外とアリかもしれませんよ」

片瀬那奈

大手芸能事務所「研音」を9月いっぱいで退所した片瀬那奈の動向が、にわかに注目を浴び始めている。
11月18日発売の「女性セブン」(小学館)では、同誌の直撃を受けた片瀬が「周りは周りであって、私は疑わしいことは何もありません」と、薬物疑惑をきっぱりと否定。今後の活動についても「いろいろあるので、おいおいお話しできたらなあと思います」と、含みを見せている。
そんな中、驚きのニュースが飛び込んできた。所属事務所を退社し、テレビ局から仕事のオファーのない片瀬に、なんとDJ転身のウワサが浮上しているというのだ。
彼女は10代の頃から頻繁にクラブやフェスに通う音楽好きで、月イチペースでDJをしていた時代もあるほど。ヒップホップ好きが転じてハウスやエレクトロなどに傾倒し、自分で打ち込みでトラックを作ったりもしているくらいで、知識も豊富。2000年代前半に歌手活動をしていたこともあったが、RHYMESTERの宇多丸もかつて絶賛していたり、片瀬の音楽面はけっこう評価されている。
「意外とアリかもしれませんよ」(音楽業界関係者)
しかし、現在はコロナ禍のため、そううまく行くかどうかわからない。
コロナでクラブや飲食業界が大打撃を受けているなか、片瀬を起用するのはリスキーと判断するところが多いのではないかと、日刊サイゾーが報じた。

テレビから消えた片瀬那奈、DJ転身のウワサに「意外とアリ」の声がある理由|日刊サイゾー テレビから消えた片瀬那奈、DJ転身のウワサに「意外とアリ」の声がある理由|日刊サイゾー

編集者:いまトピ編集部