2021/11/22 13:13

歴代最低『ドクターX』、ついに危険水域『日曜劇場』にも…

ドクターXAmazon

米倉涼子主演の人気ドラマシリーズ『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)が視聴率15%割れの水域に入り、苦戦を強いられているといい、このままでは小栗旬主演の日曜劇場『日本沈没-希望のひと-』(TBS系)に、平均視聴率で逆転されるのは「時間の問題」だという。
「11月4日放送の『ドクターX』第4話は15.2%で歴代最低の数字です。次の第5話は16.7%と持ち直したが、これは主演級の松下奈緒がゲスト出演した効果が大きい。ゲストに頼るようでは今後、15%割れも予想される。放送日にネットで世界同日配信されている『日本沈没』に負けますよ」(スポーツ紙記者)
『ドクターX』の低調は、手術シーンのマンネリ化、西田敏行、岸部一徳らレギュラー陣の高齢化に加え、シーズン7で登場した内科部長兼院長代理・蜂須賀隆太郎役を演じる狂言師の野村萬斎が、マンガ的演出を繰り出すことも不評を買っているとのこと。
一方、『日本沈没』は放送終了後、ネットフリックスで深夜0時から世界190以上の国や地域で逐次配信され、新たにネット視聴者を獲得していると「週刊実話WEB」が報じている。

米倉涼子『ドクターX』危険水域!小栗旬『日本沈没』に負けるのも時間の問題…米倉涼子『ドクターX』危険水域!小栗旬『日本沈没』に負けるのも時間の問題…

編集者:いまトピ編集部