2021/11/20 20:19

活動休止中の歌手、不倫疑惑…今まで通りスルーか「夫が告発」「肉体関係を持った」暴露

悲しい

11月18日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が、重度の発声障害により活動休止中の歌手・GACKTの不倫疑惑を報道。GACKTが“文春砲”を浴びるのは今回が初めてではないが、マスコミ関係者は「今まで通り“スルー”を貫くのかどうか」と注目点を指摘する。
今月17日には、これまでGACKTの出演が恒例化していた正月特番『芸能人格付けチェック!』(テレビ朝日系)について、2022年元日の放送回は“不参加”となることが一部で報じられ、ネット上のファンからは
「毎年の楽しみだったのに……」
「完全復活待ってます!」
と、残念がる声や、体調回復を願う書き込みが寄せられている。
ところが、同報道があった翌日発売の『文春』では、GACKTが“人妻”のB子さんと不倫していたとスクープ。B子さんの夫・A氏が同誌に“告発”する形で、GACKTが今年7月にB子さんと肉体関係を持ったことや、その経緯を詳細に暴露している。
A氏によると、GACKTは活動休止発表後の9月17日にB子さんを自宅に泊めていたとか。また、元マネジャーの証言により、10年以上前からSNSを介してファンをナンパしていたというGACKTの“常套手段”も明かされている。
12年に“義援金詐欺疑惑”、19年には仮想通貨『スピンドル』をめぐる“違法営業疑惑”を報じるなど、『文春』はたびたび彼のスキャンダルをスクープ。しかし、本人はこれらの報道をスルーし、毎回何事もなかったかのように活動を続けている。そんなGACKTは異性絡みの報道も珍しくなく、12年にはやはり「文春」で女優・釈由美子との“愛人関係”を伝えられたこともある。
世間は特に不倫問題には厳しくなっているため、GACKTもこれまで通りの“スルー対応”とはいかないのではないかと、サイゾーウーマンが報じた。

GACKTに不倫疑惑浮上! 療養中の女性遊び発覚で、“スルー対応”貫けるか(2021/11/18 12:00)|サイゾーウーマンGACKTに不倫疑惑浮上! 療養中の女性遊び発覚で、“スルー対応”貫けるか(2021/11/18 12:00)|サイゾーウーマン

編集者:いまトピ編集部