2021/11/14 19:16

実は不倫していた...活動休止を発表

歌広場淳Amazon

ゴールデンボンバーの歌広場淳が、妻子ある身でありながら不貞の末、相手女性が切迫流産、妊娠中絶に至っていたことを11月11日発売の週刊誌「週刊文春」が報じている。

歌広場は「夫婦関係は破綻している」「ずっと一緒にいたい」と話し、A子さんもいずれ一緒になれるものだと信じていたという。同年2月にA子さんは妊娠。歌広場は当初、LINEで「不安だと思うけど、俺は逃げも隠れもしないし、ずっとそばにいるよ! 俺も大好きだよ!」など受け入れていたが、すぐに堕胎を要求するように。ケンカと仲直りを繰り返しつつも結局A子さんは妊娠14週で破水。中絶を選択せざるを得なくなったという。そして同年8月、歌広場に第2子が誕生したことを契機に修復不能なケンカとなり、歌広場からの連絡は途絶えたというのだ。活動自粛を発表している状況だ。

「ボーカルに続き最悪じゃん」
「お前もか歌広場」
「ゴールデンボンバーが終焉を迎えてる」
「もう笑えないね、このコミックバンド」

と非難の嵐となっている、とアサジョが報じた。

今度は歌広場淳!「ゲス不貞」報道でゴールデンボンバーが存続ピンチ? – アサジョ今度は歌広場淳!「ゲス不貞」報道でゴールデンボンバーが存続ピンチ? – アサジョ

編集者:いまトピ編集部