2021/11/8 18:35

『鬼滅の刃』パクリか「完全に一致」「これはアウト」伊之助のキャラ設定もパクリ

批判

12月から新シリーズのアニメ放送を控え、ますます盛り上がっている『鬼滅の刃』。そんな同作だが、アニメのバトルシーンに〝パクリ疑惑〟が浮上しているようだ。
パクリだと指摘されているのは、『「鬼滅の刃」竈門炭治郎 立志編』の第14話で繰り広げられたバトルシーン。屋敷から遅れて出てきた炭治郎が目撃したのは、善逸を襲う伊之助の姿。激昂した炭治郎は善逸と禰豆子を守るべく、伊之助に襲いかかる。
この伊之助と炭治郎の戦闘シーンが、1994年に公開されたアニメーション映画『ストリートファイターII MOVIE』のワンシーンに酷似している模様。動きを比較すると、攻撃のモーションや避け方までそっくり。特に印象的なのは、前転してから相手に近寄り、上体を反らしてから顔を近づけるシーン。かなり珍しいモーションなので、偶然似た描写になったとは考えづらい。
今になって明らかになった疑惑のシーンに、ネット上では、
《ずいぶん懐かしいものが出てきたけど、完全に一致しててワロタ》
《これはアウト》
《こういうのはオマージュとは言わんよ。立派なパクリだしここまで構図が被るのなんて滅多に無い》
といった指摘が続出。また、該当箇所に登場していた『ストII』のバルログが、仮面を取ったらイケメンという設定のため、伊之助のキャラ設定もパクリだと指摘する声も広がっているとまいじつは報じた。

アニメ『鬼滅の刃』に“パクリ疑惑”浮上!「完全に一致」「これはアウト」 - まいじつアニメ『鬼滅の刃』に“パクリ疑惑”浮上!「完全に一致」「これはアウト」 - まいじつ

編集者:いまトピ編集部