2021/11/1 20:20

邪魔『SUPER RICH』江口のりこ、嫌悪感…「気持ち悪い」「きっつ」「気持ち悪いし不自然」

江口のりこ

10月28日、江口のりこ主演のドラマ『SUPER RICH』(フジテレビ系)の第3話が放送。
主人公は、プライベートを顧みず、仕事一筋で生きてきたベンチャー企業『スリースターブックス』の社長・氷河衛(江口)。裕福な家に生まれ、これまでの人生においてお金に困ったことは一度もない。「お金があれば何事も解決できる」と考え、より多くの利益を出すため、せわしなく働く日々を送っている。そんな中、インターン試験を受ける貧乏学生・春野優(赤楚衛二)と出会う。
第3話で衛はオフィスビルを引き払い、従業員を整理して、古い一軒家を借りて新生『スリースターブックス』を始めることに。優は住む家がないことから、このオフィスに衛とともに住みこみをすることになった。
衛は優に気を遣って、「君は若いからさ、うちにいつまでもいることないからね」と声をかけるも、優は「僕は衛さんの下で働きたい」と言い張る。さらに「僕は、衛さんがいいんです」とまっすぐな目で見つめると、いつもはサバサバしている衛も動揺を隠せない様子に。そんな張り詰めたタイミングで、雨漏りしていた屋根から大量の水が流れ落ち、2人はビショビショになって笑いあうのだった。
このように衛と優の〝恋愛フラグ〟が随所で描かれたのだが、ネット上ではこれに対して
《恋愛描写きっつ》
《ほんと、会社立て直し焦点にして欲しい、恋愛要素はあんまりいらん… そこだけ安っぽくなってしまう》
《上司として尊敬してるだけでいいのに。なんかこのドラマの恋愛要素気持ち悪い》
《本当にこういうベタな恋愛要素が邪魔に感じてしまう…》
《江口のりこの恋愛ドラマは求めてないな。相手がどんなにイケメンでもそれは違う感がハンパない。江口さんに恋愛絡めると一気におもしろくなくなる》
《とってつけたように恋愛モードみたいなの入れてきて気持ち悪いし不自然》
など、嫌悪する声が続出していると、まいじつが報じた。

『SUPER RICH』江口のりこの“恋愛描写”に嫌悪感…「求めてない」 - まいじつ『SUPER RICH』江口のりこの“恋愛描写”に嫌悪感…「求めてない」 - まいじつ

編集者:いまトピ編集部
写真:タレントデータバンク
(江口のりこ|女性|1980/04/28生まれ|O型|兵庫県出身)