2021/10/28 18:51

織田裕二、禁止か

織田裕二

27日、山本高広が“ものまねタレント”を辞めて声優に転身すると一部メディアが報じたことを受け、山本はInstagram上に「ちょっと笑っちゃったよ『室井さん どうして芸人辞めなきゃいけないんだ』」と投稿。報道を否定した。

山本といえば、俳優の織田裕二のモノマネで知られているが、2008年に織田の所属事務所がテレビ各局に対して、山本をはじめとするタレントが番組内で織田のモノマネをする際には事前に事務所の承諾を取るよう求める通達を出していた。

テレビ局関係者は「かなり昔の話ですよね? あとにも先にも、事務所からそんな通達が来るなんて話は聞いたことがありませんが、その文書では山本を名指ししていたので、事務所は山本が織田のモノマネをすることを事実上禁止したというふうに受け止められていた記憶があります。もっとも、実際にどれくらい効果があったのかはわかりませんが。織田は山本と共演した際に“似てます?”と言ったり、公けの場で“笑えない”とコメントするなど、山本によるモノマネを不快に感じていたというのはバラエティの人間の間では有名な話でしたよ。今も織田本人が嫌がっているのかはわかりませんが、わざわざ事務所から各局に通達を出すなど、よほど気に入らなかった時期があったことは確かなんでしょう」と話しているとビジネスジャーナルが報じた。

織田裕二の事務所、テレビ各局に山本高広「モノマネ禁止」を通達していた…不快感か織田裕二の事務所、テレビ各局に山本高広「モノマネ禁止」を通達していた…不快感か

編集者:いまトピ編集部