2021/10/28 18:00

「不倫してたのか」小栗旬の…発覚、大炎上「最悪じゃん」「ただのゴミクズ」「えーー! 嘘でしょ」

小栗旬

10月24日、小栗旬主演のドラマ『日本沈没 ―希望のひと―』(TBS系)の第3話が放送された。小栗が不倫されていることが発覚し、ネット上では怒りの声が飛び交っている。

原作は1973年に刊行された小松左京による不朽の名作「日本沈没」。今作では大きくアレンジを加えて、2023年の東京を舞台に、環境省の天海啓示(小栗)、経産省の常盤紘一(松山ケンイチ)、東山総理(仲村トオル)、地震学者の田所雄介(香川照之)、週刊記者の椎名実梨(杏)などが国家の危機に立ち向かっていく。

芸能記者は「天海は第2話で別居中の香織から離婚を切り出されていましたが、天海は家族の修復を望んでいたようで、『少し考えさせてくれ』と戸惑っていました。それが今回、すでに香織には新しい男がいると発覚。2人は正式に離婚しているわけではないので、完全に不倫ですね」と話している。

香織のゲス不倫に、視聴者から
《離婚してないのに浮気はないわ。娘のこと考えてのことかもだけど、逆に全然気持ち考えてあげてないよね》
《えーー! 嘘でしょやばいじゃん、この嫁》
《天海の奥さん夫が大変な時に支えず不倫して親権まで奪るの…》
《もう新しい相手いるのかよ! 小栗旬、慰謝料取りなよw》
《たいそう偉そうな事言ってたけど、結局この妻は不倫してたのか》
《勝手に家出て、不倫男と宜しくやってたんだね… 最悪じゃん》
《自分が不倫しといて逆ギレ気味に「離婚して」みたいなのなんなんw 慰謝料払う立場じゃん》
《なんか前回もっともらしいこといって離婚話きりだしてたけど、嫁ただのゴミクズで草》
と非難が殺到したとまいじつが報じた。

『日本沈没』小栗旬の妻が“ゴミクズ不倫女”と発覚して大炎上「最悪じゃん」 - まいじつ『日本沈没』小栗旬の妻が“ゴミクズ不倫女”と発覚して大炎上「最悪じゃん」 - まいじつ

編集者:いまトピ編集部