2021/10/28 07:49

ジャニーズ、メンバーの関係性に亀裂か「本当にピリピリした状況だった」

V6Amazon

10月26日に放送された、ジャニーズグループ・V6出演の特別番組『学校へ行こう!2021』(TBS系)が、ファンを中心に大好評を博している。しかし、同番組を巡っては、かつて「ジャニーズ事務所内でもタブー視されている、衝撃のトラブルが発生していた」(テレビ局関係者)という。
V6は今年3月に、メンバー・森田剛の事務所退所と同時にグループを解散することを発表した。
現在は役者としての活動がメインとなっている岡田准一は過去、インタビューで自身に「反抗期」があったことを明かしている。岡田はアイドルから役者へとステップアップしていく過程で、V6メンバーと『口を利かなくなった』というエピソードを、これまでにテレビ番組や雑誌で明かしている。当時のグループは本当にピリピリした状況だったと、取材陣の間でも話題になっていたという。
同時期に発生し、現在は伝説的に語られているのが、ジャニーズ事務所の“岡田贔屓”によって、メンバーとの関係性に亀裂を走らせたというエピソード。当時、確かに岡田はアイドル活動について否定的になっていて、『学校へ行こう』のロケをすっぽかすこともあったそう。そこで、メンバー内で緊急会議が開かれたとサイゾーウーマンが報じた。

V6に「ジャニーズ事務所内でタブー視された」トラブルの過去あった!? メンバーに亀裂が走った“岡田贔屓”の実態(2021/10/27 19:39)|サイゾーウーマンV6に「ジャニーズ事務所内でタブー視された」トラブルの過去あった!? メンバーに亀裂が走った“岡田贔屓”の実態(2021/10/27 19:39)|サイゾーウーマン

編集者:いまトピ編集部