2021/10/27 13:58

杉咲花、女優生命の危機

杉咲花

杉咲花が主演する10月期の連続ドラマ『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~』(日本テレビ系)の視聴率がいまひとつだという。
第1話の世帯平均視聴率は8.8%(ビデオリサーチ調べ/関東地区、以下同)、第2話は8.6%でわずかにダウン、第3話は9.2%と盛り返したが、テレビ局関係者は
「杉咲が思いのほか数字を持っていない上、相手役の杉野もまだ弱いのです」と話す。
杉咲はもともと、『味の素Cook Do』のCMで回鍋肉を食べる美少女として話題を呼び、徐々に演技力を発揮。2016年、憧れの女優である宮沢りえの主演映画『湯を沸かすほどの熱い愛』で一気に頭角を現した。
しかし、NHKの連続テレビ小説『おちょやん』でヒロインに抜擢されるも、全話の平均視聴率は17.4%。二階堂ふみがヒロインを務めた同枠の前作『エール』から、3ポイントもダウン。
どうやら杉咲は主演クラスの女優と違い、決定的な〝欠点〟があるようで、
「綾瀬はるか、深田恭子、有村架純ら、今を時めく女優にはエロさ、そして華があるので、自然と男性ファンの目線を引きつける。しかし、どう見ても杉咲にはそれがない。また、あまり喜怒哀楽が豊かではないので、特にラブストーリーは視聴者の共感を得られず、不向きであることを露呈しました」(芸能記者)
とのこと。
ここに来て課題が浮き彫りになったが、今さら路線変更は難しく、早くも女優生命の危機だと「週刊実話」が報じている。

杉咲花が女優生命の危機!『恋です!』苦戦で露呈した決定的な“欠点”杉咲花が女優生命の危機!『恋です!』苦戦で露呈した決定的な“欠点”

編集者:いまトピ編集部