2021/10/27 13:01

ついに“濡れ場女優”に転身か

女優

『AKB48』で2代目総監督を務めた横山由依が、年内に卒業する。

卒業後の活動について、横山自身から具体的な話はまだない。過去に語った〝夢〟には、ソロ歌手、女優、ユーチューバー、あるいは結婚などもあったようだが…。

横山の代表作というと、グループ総出の学園ドラマ『マジすか学園』シリーズ(テレビ東京系/日本テレビ系)や、プロレスをテーマにした『豆腐プロレス』(テレビ朝日系)が思い浮かぶ。

「実はこれらのドラマには、ほとんど主役級で出ているのに存在感が薄い。宮脇咲良と何度も共演しているのですが、宮脇のように目立たない。女優としてはもっと押し出すものが必要です。横山は身長158センチ、推定バストサイズ83センチの〝C級〟ナイスバディを誇り、ビキニ姿も多数こなしてきた。あらためてグラビアで売って地固め。濡れ場ウェルカムの女優が最も大成しそうです」(同・関係者)

本人の〝決断〟に期待しようとまいじつが報じている。

『AKB48』横山由依の卒業後に注目!“濡れ場女優”転身説が有力か『AKB48』横山由依の卒業後に注目!“濡れ場女優”転身説が有力か

編集者:いまトピ編集部