2021/10/25 19:26

菅田将暉の...はっきり言って最悪!マジでクソ「スッカスカ」「タダでも観ない」、星野源も「圧倒的に劣る」不評殺到

菅田将暉

1997年公開の大人気密室スリラー映画『CUBE』を〝日本版〟としてリメークした『CUBE 一度入ったら、最後』が、10月22日から全国で公開スタートしたのだが、前評判が最悪、やはり公開直後からネット上で不評が殺到しているようだ。

「どうせ劣化版」
「ダサくなる未来しかない」

と公開前から批判が殺到していた。
星野の主題歌起用にも《コレジャナイ感》といった反響が集まり、スタート前からあまり期待されていない作品だった。

「内容がスッカスカ。何故にリメークを作ろうなどと思いついたのだろうか。オリジナルファンなので本当に腹立たしい」
「一度入ったらある意味終わり。はっきり言って最悪であった。話の落とし込みがあまりにもチープで薄すぎる。タダでも観るに値しない作品」
「人物描写もそんなに深くないから、全く泣けもしない。怖さも緊張感もなくて何の時間だったんだろ…」
「過去三本の指に入るほど残念な作品」
「作品自体もマジでクソだけど、エンドソングが作品と全くマッチしてないのも残念でした」

といった声があがっていた、とまいじつが報じた。

菅田将暉『CUBE』公開直後から大不評「あまりにもチープ」「残念な作品」 - まいじつ菅田将暉『CUBE』公開直後から大不評「あまりにもチープ」「残念な作品」 - まいじつ

編集者:いまトピ編集部
写真:タレントデータバンク
(菅田将暉|男性|1993/02/21生まれ|大阪府出身)