2021/10/24 11:46

『鬼滅の刃』不評続出で「叩き売り状態」お世辞にも良作とは言えない、草

鬼滅の刃Amazon

国民的作品『鬼滅の刃』を題材とした家庭用格闘ゲーム『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』。10月13日にリリースされたばかりの新作だが、早くも不評が続出しており、一部では〝値下げ〟する販売業者も現れているようだ。
『ヒノカミ血風譚』は『鬼滅の刃』の世界観を堪能できる格闘ゲームだが、発売開始直後からネット上で《クソゲー》などと騒がれている。
そんな不評のせいか、ネットショッピングサイト『Amazon』は同作の値下げを決行。もともと8360円で売られていた商品が、最安値では34%オフの5500円で販売されている。また、すでに中古商品もいくつか出回っており、相場は約5500円程度。今後も価格の変動は起こりうるが、発売から一カ月も経たないうちに叩き売りされている現状だ。ネットでは
《めちゃくちゃ流行ってるのに売れなくて草》
《約束された勝利のコンテンツなのに、ゲームは何で爆死するんだ…?》
《数週間持たずにほぼ4割引きは中々やなwww》
などの声が上がっているとまいじつが報じた。

『鬼滅の刃』ゲームが爆死? 早くも“叩き売り”で「流行ってるのに売れなくて草」 - まいじつ『鬼滅の刃』ゲームが爆死? 早くも“叩き売り”で「流行ってるのに売れなくて草」 - まいじつ

編集者:いまトピ編集部