2021/10/23 13:59

2億円もの損害賠償、救いようがない...もう引退でいい「自分の置かれてる状況が全く理解できていない」四面楚歌!

批判

ドラマ撮影ロケ地への“同伴愛”を報じられた俳優・東出昌大に「飼い殺しによる引退危機」の可能性が浮上しているという。10月18日、「日刊ゲンダイDIGITAL」が報じた。
女優・杏との離婚を発表して1年3カ月が経過した東出を巡っては、「週刊文春」が5歳年下のハーフ美女との熱愛を報じ、6月には女性を自宅近所に引っ越しさせるほどの熱の入れようだという。
「自らの女性スキャンダルで事務所に2億円もの損害賠償支払いを肩代わりさせたうえ、“脇目も振らない”はずの猛省中にロケ現場への女性同伴が報じられ、もはや四面楚歌状態。事務所からはさじを投げられ、飼い殺しの制裁説すら浮上しているという東出に対し、世間からも自業自得だとする声が多く、『もう引退でいいんじゃない?』『自分の置かれてる状況が全く理解できていないんでしょう』『救いようがない人』『反省なんてしてないことと、強メンタルだってことはわかった』などと突き放す反応が大半となっています。徐々にほとぼりが冷めようかというタイミングで自ら火種を作ってしまい、事務所ももはやお手上げ状態でしょう」とテレビ誌ライターは話したとアサジョは報じた。

東出昌大に事実上の芸能界引退危機?世間も突き放す反応 – アサジョ東出昌大に事実上の芸能界引退危機?世間も突き放す反応 – アサジョ

編集者:いまトピ編集部