2021/10/20 08:34

激ヤセ、明らかにやつれた姿「期待外れ」心配の声鳴り止まず

泣く

適応障害から復帰したものの、呂律の回らないコメントぶりや、休養前と比べて明らかにやつれた姿に心配の声が鳴り止まない女優の深田恭子。
そんな深田の今年の締めくくりの大仕事といえば、10月15日に全国劇場で公開がスタートした本人主演のドラマの映画化「劇場版 ルパンの娘」。しかし、公開直後の結果に「やっぱりきちんと回復するまで休養してほしかった」との声があがっている。
9月27日に都内で行われた完成披露試写会の舞台挨拶では、かつての健康美からは程遠いやつれた顔のラインに落ち着きのない目、そして呂律の回らない話しぶりに、拍手を送っていたファンから心配の声が上がった。
「劇場版 ルパンの娘」は最終的に10億円を稼ぐのではと見られていた。しかし、フタを開けると深キョンの奮闘も虚しく、初週6位、興収は約1億1000万円と期待外れ。5億~6億円程度で止まってしまう可能性が高くなった。
ネット上では「もともとドラマも、シリーズ1が7%台、シリーズ2が5%台なんだから期待かけすぎ」「もっと大コケかと思ってたから深キョンの呂律騒動はむしろ宣伝効果があったと思う」など、冷静な声も上がっているとアサジョが報じた。

深キョン「激ヤセ宣伝」も…「劇場版 ルパンの娘」興行収入大苦戦 – アサジョ深キョン「激ヤセ宣伝」も…「劇場版 ルパンの娘」興行収入大苦戦 – アサジョ

編集者:いまトピ編集部