2021/10/18 08:01

パニック状態『バイキングMORE』訴えた方がいい「最低」「ほんま昼間から下品」消されても仕方ない

坂上忍

14日放送のフジテレビ『バイキングMORE』で、フィギュアスケートの平昌五輪金メダリスト、アリーナ・ザギトワ(ロシア)が記者とトラブルになったことを報じたのだが、ゲスト解説員の暴論でパニック状態の放送となった。
ザギトワ選手はカザンで開催されていたアイスホッケーの試合を観戦中、後ろから地元記者に無断で撮影され、これに激高し削除を要求。この様子を記者がSNSに投稿したのだが、その際ザギトワが「私にはコネクションがある」と脅してきたと主張し、ロシアではこれがまたたく間に拡散したという。記者は「とんでもない誤解があった」と謝罪し、投稿を削除。
同番組ではこの一連の騒動を報じると、ザギトワ選手の『コネクション』発言がロシア内で批判を受けたことに着目。
ロシアでは、実績のあるスポーツ選手が政治家になることが多く、ロシア政治に詳しい筑波大学教授中村逸郎氏によると、100億円相当の金の延べ棒などの“ご褒美”が貰えるからだという。
MCの坂上忍が驚きの声を上げると、中村氏は新体操のアテネ五輪金メダリストアリーナ・カバエワ氏の名前を挙げ「これどころの話じゃなくて、あのプーチン大統領の愛人になれるんですよ!」と発言。
「推測ですけどね」と中村氏は付け足すがスタジオは松嶋尚美の驚きの声、坂上の笑い声やフジテレビ伊藤利尋アナウンサーの「先生! 推測とはいえ、ちょっとさすがに」と慌てる声が入り交じりパニック状態に。
中村氏の推測に坂上が乗っかり、面白おかしく進行していたが、もちろんネット上では「ザギトワのこと好き勝手言って笑って最低なんだけど」「バイキングほんま昼間から下品やな」「ザギトワはバイキングの教授を訴えた方がいい」と批判の声が上がっている。
なにかと誹謗中傷に厳しい坂上なのだが、外国のこととなると気が緩んでしまうのだろうか。『コネクション』で消されてしまっても仕方のない放送内容だったと日刊サイゾーは報じた。

ザキトワが目指すのはプーチン大統領の愛人だって!? 『バイキング』あからさまな暴論でパニック状態に|日刊サイゾー ザキトワが目指すのはプーチン大統領の愛人だって!? 『バイキング』あからさまな暴論でパニック状態に|日刊サイゾー

編集者:いまトピ編集部
写真:タレントデータバンク
(坂上忍|男性|1967/06/01生まれ|AB型|東京都出身)