2021/10/18 07:09

怖い怖い怖い...新ドラマ『第1話』不気味で不穏な空気、不安掻き立て「マジでトラウマになる」まじでやばい

西島秀俊

西島秀俊が主演を務める日本テレビ系ドラマ『真犯人フラグ』の第1話が10月10日に放送された。2019年に考察ブームを巻き起こしたドラマ『あなたの番です』(同)の制作陣が再集結とあって、前評判が高かった本作。
だがその一方で、初回から離脱者を多数生んだのではといった危惧もある。なぜなら、第1話が怖すぎたからだ。
不気味で不穏な空気が終始漂い、音響やカメラワーク、登場人物の怪しい表情などすべてが観る者の不安を掻き立てる。そして何よりもラストシーンが視聴者に衝撃的だった。
初回放送中のTwitterには「怖い怖い怖い」「怖すぎまじでやばい」といった悲鳴の声が一斉に上がり、「やっぱリアタイやめる」といった声も上がったと日刊サイゾーは報じた。

秋元康手がける『真犯人フラグ』は“トラウマドラマ”? 高評価の声上がるも、早くも離脱者多数か|日刊サイゾー 秋元康手がける『真犯人フラグ』は“トラウマドラマ”? 高評価の声上がるも、早くも離脱者多数か|日刊サイゾー

編集者:いまトピ編集部