2021/10/17 13:09

解散、マジで最悪だった「熱愛発覚」「イジメ問題」過ちだらけ

びっくり

欅坂46』が『櫻坂46』に改名して早くも1年が経ったのだが、ここ最近では過去を美化する〝亡霊オタク〟から、「欅坂46」を惜しむ声が続出しているようだ。硬派なイメージや圧倒的な表現力などで、幅広い層から支持されていた「欅坂46」。ファンは今でも当時の彼女らの栄光が脳裏に焼き付いているようで、ネット上には、
《欅坂46 本当に伝説のアイドルだよな。黒い羊とか本当に欅坂らしい曲だったもんな…》
などと「欅坂46」を伝説のアイドルとして絶賛する声が多く見受けられた。しかし「欅坂46」は、本当に神格化されるほどのアイドルグループなのだろうか?活動後期である2020年1月には、不動のセンターである平手友梨奈が脱退。普通ならばアイドルがグループを脱退するときは、「卒業」するもの。しかし、平手が「欅坂46」を去るときは〝脱退〟と強調されていた。同時期にグループを去った鈴本美愉が「卒業」と発表されていただけに、平手の辞め方が円満ではなかったことがうかがえる。また2019年にはグループの人気メンバーである織田奈那の熱愛が発覚。さらに今泉佑唯へのイジメ問題などもあり、活動後期の状況は泥沼だった。改名した理由は明かされていないものの、こういったマイナスな出来事を払拭するためだったことが容易に想像できる。果たしてファンは、これをどう受け止めているのだろうかとまいじつは報じた。

『欅坂46』解散から1年…“亡霊オタ”が大量出現! 過去の美化に困惑 - まいじつ『欅坂46』解散から1年…“亡霊オタ”が大量出現! 過去の美化に困惑 - まいじつ

編集者:いまトピ編集部