2021/10/16 13:02

”違和感だらけ”の特集に「最低」「唐突すぎる」

日テレAmazon

俳優・杉咲花が主演を務める連続ドラマ『恋です! ~ヤンキー君と白杖ガール~」(日本テレビ系)第2話が10月13日に放送。前評判の高かった同ドラマだが、フタを開けてみれば第1話の視聴率が8.8%、そして今回が8.6%と2話続けての8%台という体たらく。このままだと7%台に突入してしまう可能性も高い。日テレも第1話の終了時点でかなりヤバイと感じたのか、〝番組宣伝〟に躍起になっているようだ。テレビ誌ライターは 「あまりにもあからさまだったのが、第2話の前に日本テレビで放送された『news every.』の『盲目の金メダリスト』特集でしたね。特集では東京パラリンピックの女子マラソンで金メダルに輝いた道下美里選手に密着。しかし、感動の余韻も覚めやらぬその直後、当日22時から放送する『恋です!』の予告番宣を流したのです。予告では杉咲が白杖をついて歩く姿が映し出されていました」なりふり構わぬ露骨な番宣に、ネット上では
「道下さんの話に感動していたら、いきなり杉咲花が出てきてドン引きした。さすがに唐突すぎないか」「道下さんも自分の特集の後に白杖ガールが出てきて微妙な気持になったんじゃないかな。番宣挟んだのはちょっと違和感がある」「道下さんの特集すごくよかったのに、これも白杖ガールの前振りだったのかと思ったらガックリきた。日テレ最低だな」などと、非難の声が殺到している。とまいじつは報じた。

杉咲花『恋です!』低迷で“番宣”に必死?「さすがに唐突すぎる」 - まいじつ杉咲花『恋です!』低迷で“番宣”に必死?「さすがに唐突すぎる」 - まいじつ

編集者:いまトピ編集部