2021/10/14 17:05

9月中旬から更新がない状態…いよいよ「完全引退」か

女性

3月いっぱいでジャニーズ事務所を退所し、TOKIOからも脱退したものの、それ以降も『TOKIOカケル』には“過去映像”という形で何度も番組で姿を見せていた長瀬智也。
しかし、このところは9月8日放送の田中圭ゲスト回を最後に、9月15日の木村拓哉ゲスト回から10月13日のハライチがゲストで登場した回までの5回、期間にして1か月、番組に出てきていないという。
最後に登場した9月8日放送以前は、頻繁に長瀬の“過去映像”が使われてきた。
「リニューアル初回となる4月7日の鈴木亮平(38)ゲスト回で早速長瀬の過去映像が取り上げられると、9月8日の田中のゲスト回までの全22回のうち12回で『これまでの〇〇とTOKIO』が放送され、そのすべてで長瀬は出てきています。それほど高頻度で長瀬は出ていたきてたにもかかわらず、9月15日以降、ピタリと出なくなってしまっているんです」(テレビ誌ライター)
また、10月11日に放送された『痛快TVスカッとジャパン』の特別版『スカッとカラオケ!日本の名曲VS最新曲SP』(フジテレビ系)では、スピッツの『空も飛べるはず』が紹介された際に、主題歌に起用された1996年放送の長瀬主演ドラマ『白線流し』(フジテレビ系)のVTRが流れたが、長瀬は不自然に肩だけが映っただけ。
ここにきて5週連続で長瀬の姿が出てきておらず、インスタグラムも9月中旬から更新がない状態だといい、約半年間の“モラトリアム”を経て、いよいよ“完全引退”ということかと「日刊大衆」が報じている。

長瀬智也、主演作『白線流し』での「超不自然カット」に続きついに『TOKIOカケル』からも“完全引退”!?番組史上最長「丸々1か月消えた」! | 概要 | 日刊大衆 | イケメン | ニュース長瀬智也、主演作『白線流し』での「超不自然カット」に続きついに『TOKIOカケル』からも“完全引退”!?番組史上最長「丸々1か月消えた」! | 概要 | 日刊大衆 | イケメン | ニュース

編集者:いまトピ編集部