2021/10/12 13:56

工藤静香、本当に常識がない

工藤静香

工藤静香が10月8日に更新したインスタグラムの投稿に批判が集まっている。7日の深夜に首都圏で発生した最大震度5強の地震についての恐怖と、防災を呼びかけたまではよかったが、同時に投稿した写真が悪かった。

「飼っているメダカの〝みゆき〟の動画と共に、全身像を投稿。これが、体にぴったりとフィットした黒いニットワンピースに、太股まで隠れるド迫力のパイソン(ヘビ柄)のニーハイブーツというコーデだったのです。防災を呼びかけるには、あまりにも不釣り合いなファッションでした」(ネットライター)

当然、匿名掲示板ではフルボッコだ。

《地震大丈夫でしたか?と、私のスタイル見て見て!写真の、ちぐはぐさがなんとも言えない。私、こんなにイケてる51歳!アピールしたいだけなんだろうけど》
《「皆さんは大丈夫でしたか?お怪我はありませんでしたか?」と言いながらアップする写真じゃないでしょ。本当に常識がないというか何というか…》

今年7月に静岡県熱海市を中心に発生した大規模な土砂災害の際、木村拓哉との次女Kōki,が、「これ以上被害が出ませんように祈っています」と綴りながら、ルイ・ヴィトンのバッグを片手に笑顔の写真を投稿。《これはアウトでしょう》《喧嘩売ってるんか?》と炎上したばかり。

この親にしてこの子あり。と週刊実話が報じた。

工藤静香ヘビ柄ブーツで“地震のお見舞い”投稿「心配しているようには見えない」と大炎上工藤静香ヘビ柄ブーツで“地震のお見舞い”投稿「心配しているようには見えない」と大炎上

編集者:いまトピ編集部