2021/10/12 07:10

芸能界引退か「かつての木下優樹菜のように」脇役女優、追い詰められている

孤独

9月30日をもって大手芸能事務所・研音を退所した女優の片瀬那奈。強力な後ろ盾を失ったことで、「フリーになった彼女の近況をキャッチしようと、取材合戦が過熱している」と芸能ライターはいう。
「研音退所は“事実上のクビ”ともっぱらの片瀬ですが、同事務所には天海祐希や唐沢寿明をはじめ人気俳優が数多く所属していることから、これまでハリコミ取材を控えるマスコミも少なくありませんでした。しかし、研音に気を使わなくてもよくなったことで、記者による取材合戦が激化。完全防備で宅配便を受け取る片瀬の姿は、マスコミの攻勢に追い詰められているようにも見えます」と芸能ライターはいう。
「片瀬は沢尻の逮捕後も『恋はつづくよどこまでも』(TBS系)や『24 JAPAN』(テレビ朝日系)、『彼女はキレイだった』(フジテレビ系)など数々の連続ドラマに出演。どんな役でもそれなりに器用にこなせるため、長年、脇役女優として重宝されてきましたが、女優活動が順調だったのは、何より研音による力が大きい。今後、“芸能人”でいる以上、マスコミにつきまとわれ、身の潔白が証明されない限りはネガティブな報道も続くでしょうから、かつての木下優樹菜のように、事務所退所をきっかけに芸能界引退を考えていてもおかしくありません」などと同ライターは話したとサイゾーウーマンは報じた。

片瀬那奈、宅配便の中身も明かされ「気の毒」と同情の声……マスコミの取材合戦激化で「追い詰められているように見える」(2021/10/11 18:35)|サイゾーウーマン片瀬那奈、宅配便の中身も明かされ「気の毒」と同情の声……マスコミの取材合戦激化で「追い詰められているように見える」(2021/10/11 18:35)|サイゾーウーマン

編集者:いまトピ編集部